日記・コラム

横浜開港150周年

横浜開港150周年、おめでとうございます!

今更ですがcoldsweats01

横浜には大学でこっちに上京して以来、ものすごくお世話になってます。

黄昏たい時とか、よく港まで出かけたものだyacht

横浜といえば、ランドマークタワーとか、みなとみらいとか有名だけど、隠れた名所もたくさんあります。

例えば、ベーリックホールとか。

ふらりと散歩に出て、立ち寄りました。西洋風でリッチなこの近辺は、異国に来ているかのような錯覚にとらわれます。

あとは金沢文庫

住宅地にある資料館です。この付近は八景島も近くにあって、海辺の近くって感じがすごくする。潮風が気持ちいいですよwave

ちょうど150周年にあたる6月2日には、Googleのロゴにこんな現象も…

Yokohama09_2

ちなみに、素粒子の新しい実験(LHC)がスタートした時は、こんな風に…

Google2_2

注目してみると、楽しいかもhappy01

* * * * *

幸せって、何でしょうか?

尊敬する総合格闘家、菊田早苗さんの日記(6月4日)を見ていて、改めて考えさせられました。

レールに乗りつつ、これでは駄目だと思いながらも、飛び立てない自分がいる。

歯がゆいです。

科学を志して、それに夢を見てきたはずなのに。

自由に生きるって、難しいですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Wave

最近の就活生は目つきが違う。

ナイフのように鋭く、光っているthunder

五月も下旬に突入しようという時に、相変わらずどの企業も若干名に数百名の応募人数。不況がこれほど恐ろしいとは。

不況は金銭的な豊かさだけでなく、人格すらも変えていく。

とある企業の面接試験前、控え室でじっとしていたが、誰も重い口を開こうとしない。かろうじて開いた学生も、無反応と見るや黙り込む。

果てしなく重い空気、漂う悲壮感typhoon

就活が始まった頃の、「初面接緊張するねup」、「お互い頑張ろうねsun」といった会話はどこへやら。

静岡の思い出が、限りなく懐かしい。

* * * * *

就活をしていると、好不調の波を感じることがある。

面接でもうまくしゃべれる時、失敗する時、波がある。

体調もそうだ。すごく元気で興奮しながら寝床についても、あくる朝はただならぬ悲壮感、不安を感じることがある。逆に、落ち込みながら寝床について、次の日には馬鹿らしい気分になり、元気になることもある。

それが人間なのだ。

人間の本質、自然の本質。それはWavewave

波動関数のように、人の心も廻っている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いざ、静岡遠征!

久しぶりにブログを見たら、前回の更新が一ヶ月前

これでは月一ブログになってしまうヾ(*゚A`)ノ

更新、頑張りますscissors

* * * * *

今日は静岡の放送局まで初遠征。

ぶっちゃけ、静岡初めての土地です。静岡駅前初体験heart

本社試験は初めてだったから、緊張していくと、女の子がずらっと並んでいた。

この放送局、女子受験率、高note

某通販最大手の会社説明会を思い出した。女性7割の魅力的な会社note

うーん、この方面に縁があるかも…

なんて思っていると、あっという間に本番の面接。他局受験状況を詳しく聞かれた。

雰囲気は終始和やかな感じ。

しかし、和やかな面接で結果が良かったことは一度もないcrying

面接後、食堂で自社制作のローカル番組を拝見。怖いおじさんが見守る中で、緊張の番組視聴。これも選考に関係するのか?こんなに緊張して番組を見たのは、これまた初体験。

思いもよらず、サプライズで生収録後のスタジオを見学させてもらった。タレント、ディレクター、アナウンサーの面々など、ついさっきまで画面で見ていた方々と相対し、感動weep

いい会社でしたbleah

テレビ局を出ると、一緒にスタジオ見学した女の子が静岡おでんなる名物を食べたいと言い出した。もう一人の受験者と一緒に、おでん屋に繰り出す。

僕が真ん中の席で、両隣が女の子。こんなシチュエーション、理系ならば一生に一度あるかないかだろう。お酒を軽く飲み、就活の情報交換をした。元気で明るい関西人は、本当に素敵だshineアナウンサー志望だと言っていたが、頑張ってほしい。制作志望の子は、全国津々浦々、古今東西受験するらしい。テレビ局への執念、おそるべしwobbly僕も、見習わないといけない。自戒。

就活中のこんな出会いも、悪くないものだヽ(´▽`)/

新幹線にて、帰宅。実に楽しい静岡遠征でした。静岡、本当にいいところだgood

一つ、メアドを交換し忘れたことが、残念でした(ノд・。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

就活の乱

かなり遅くなりましたが

新年明けまして、おめでとうございます。

今年もよろしくお願い申し上げます。

* * * * *

年明けから、就活がまさにフル回転sign01

マスコミ対策は、本当に大変だ。SPIに一般常識、作文対策など、ありとあらゆる分野を網羅しなければならない。

一月末~二月初めに締め切りのESを書いては送り、書いては送りを繰り返す。その間の時間に一般常識、SPI対策。土、日は就職説明会で潰れ、まさに終日フル回転だ。

今まで就職説明会は、これまでは少し馬鹿にしていて、行く気がなかったが、参加して初めてその大切さがわかった。企業ブースでしばらく話し込んでいると、どんどん打ち解けてきて、是非うちの会社に来てくれsign01とラブコールをもらうこともhappy01

テレビ通販最大手の会社だったが、番組の内容も好きだし、商品企画やイベント企画など、興味深い仕事もある。若い会社(設立10周年)なので、どんどん新しいことにチャレンジできる。

しかも、最も魅力的なのは…

社員で女性が7割の会社であることsign01bleah

sign03今の男子社会、つまり工学部とはまさに正反対の世界ではないかflair

魅力的すぎますup

名刺までもらってしまって、本当に楽しく会話できたo(*^▽^*)o

とあるテレビ局のエントリーシートに苦戦中。

自分の人生の中で、最もすべらない話かぁup

すべらなかったのは、高校と大学の入試くらいだよcatface

あとは、人生、万事滑りっぱなしsnowboard

snow

ネタ探しに超苦戦crying

| | コメント (3) | トラックバック (0)

4年生とQED

3時半頃、用事で研究室を出ようとしたら、4年生の時同期だったW君が研究室を訪問しにやって来たdelicious

1年半ぶりの再会だったが、変わっていなくて、なんというか懐かしかった。

自分が4年生だった頃を思い出しながら、4年生について考えてみる。

世代ごとでかなり傾向はかなり変わっている。僕が4年生だった頃は、なんとなくだらけていた人が多かった(気がする)。大学院に進んで、そのまま就職、といった流れが当たり前だと思っていた。

僕がM1だった時の4年生は、団結力が強かった。集団で取り組む力というか、僕らよりはまとまりがあった気がする。

と思いきや、なかなか研究室にこない人、ハワイに行った人、いろいろいたっけwave

現在の4年生は最強。大学院入試対策ゼミをゼミ室を借り切って深夜までやっていた。修士論文にしてもいいような題目で、卒論に取り組んでいる人もいるし。

先生も心配していたが、ガイドラインなしで彼はダイアグラムの計算を完遂できるだろうか

coldsweats01

こんなグラフを永遠と足し上げる…

Qed4_01

楽しいなnoteヽ(´▽`)/

三年生でグリーン関数の計算を訊きに先生を訪問している学生がいた。三年生でPropagatorの知識を取得できれば、相当だろう。僕はやりたくても、基礎をやれ、と耳にたこができるほど言われた。

来年はさらに強力な若者が、素粒子理論の門を叩いてくるかもしれない。

地獄の三丁目へようこそ(*゚▽゚)ノ

なんだかんだ言って、同じ学科でありながら各世代ごとに色があり、特徴がある。素粒子とそっくりだ。個性が保障されているのは、素粒子レベルでバラエティがあることと関係しているのかもしれない。

僕は恐らく、来年はこの研究室にいないけど、きっとまた個性的な4年生が入ってくるに違いない。

来たれsign01未来の4年生smileimpact

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘年会Ⅱ at 竹内先生宅

まずは近況を。

1月に開催予定の企業説明会の予約申し込み完了sign03

興味のあるメディア、通信、マスコミ関係で広く話を聞けそうなので楽しみだhappy01

NHKの就活生への対応がとても丁寧で驚いた。採用ページに携帯メールアドレスを登録しても、何も受信のないことがほとんどだが、NHKからは携帯メールにもしっかり情報がくる。

過去の例を見ても、NHKは話をよく聞いてくれることで有名らしい。人によっては、一時間近くの面接を受けたことがあるようだ。僕の性格や個性と、社風が合う気もする。もしかしたら、縁があるかもしれない。

* * * * *

数日前だが、竹内先生の忘年会に参加させていただいた。先生が主催する文章倶楽部の後に忘年会beerrestaurant

文章倶楽部のメンバーの方々とは、今年になって知り合ったのだが、なかなか強烈な個性の方々が(笑)。

僕個人としては、物理系の知り合いだったM中さん、T川さんがこられてなくて、残念だった。それに物性系のMさんと竹内先生を混ぜたら、きっと超コテコテ物理談義で盛り上がったと思う。ノーベル賞、修論の話やこの間、集中講義で聞いた、ヒッグス粒子探索が危機に陥っている話をしようと思ったのにcatface

夜のお仕事の人に物理を教えるという話、どうなったんだろう(笑)pencil

また朝カルのメンバーで飲みたいものだ。

Mさんと芸能関係のY君には、僕がメディア、通信、マスコミ関係でやりたい科学系の仕事の話を聞いてもらい、アドバイスを色々もらった。

おもしろいし、必要な人材だと思う、と言っていただいたが、お金や視聴率を考えると、厳しいかもしれないと指摘される。それを崩して挑戦していくのが、これからの理系と文系をまたにかける人材の使命だ、と僕は思っている。会社に受け入れられる考えかは、わからないけどtyphoon

と、それはさておき、現在ローカル局他でアナウンサーをしている女性の方が来ていた。男性陣が異様にたかるさまになり、彼女はあちこちから質問攻めにあっていた。

さすがマスコミ業界で鍛えておられただけあって、かわしの腕はピカイチshine

途中、竹内先生が「ここにいる男性は全員独身です」というと、間髪いれず

「男はいいです」

という強烈な返しwobbly

就活関係で「業界の話を聞きたいのですが」、と僕が尋ねると、これまたすかさず、

「私、知らないんです」

と一蹴sign01

snow

生理学系メンバーはすごすぎる。結局最後まで先生宅に残っていたのは、生理学系メンバーと僕だけだったのだが、話が広範囲に広がり、最終的に生理学界内部の話になったから、途中からまったくついていけなくなったgawk

しゃべり早いし、深すぎるし(笑)

これが就活の面接だったら、かなりやばい。このメンバーの会話に慣れれば、怖いものなしだろう。いい予行練習になった。

竹内先生が途中で、「マグマの様子がミューオンでわかるようになるかもしれない」といった物理系の話を挟んでくれたのに、生理学メンバーの矢のような会話に、内容を膨らますことがまったくできず。

途中から参加することを諦め、完全に聞きモードに入る。役立つ知識など、色々吸収できて勉強になった。

生理学メンバー曰く

就職だの小さいことを言わず、博士にいって、地獄の三丁目を味わえbomb

危険で刺激的なアドバイス、ありがとうございます。o(_ _)o

なんだかんだで、朝7時まで先生宅に居候して、かおりさん他、先生に大迷惑をかけてしまった。先生、貴重な時間をどうもありがとうございました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

忘年会

同郷の友人と忘年会beer

Yちゃんとは高校以来の付き合いで、高校の友人の中では唯一今でも連絡を取り合う仲mobilephoneshine

彼と会うと、いつも前向きな気分になれる。就活のスペシャリストでもあり、その方面の話をいろいろ聞いた。戦略的な就活はこうあるべし!と教授されるeyeglass

就職活動は一種の戦いなのだなぁと、つくづく思った。有名で大手の会社、または人気のある業界の仕事は当然倍率が高い。

日本の場合は、就職が決定的に人生を左右する。後悔しないために、一生懸命頑張ることが、当たり前のようだが、改めて大切だと思ったconfident

就活では自己主張が大切だが、どうも僕は情報発信が弱いらしく、もっと積極的になれbombとアドバイスをもらった。

面接など、まだ実際の現場を経験していないから、その辺りの按配は未知数だ。やりすぎれば、厚かましく見られるだろうし、大人しくしていれば、元気がないと見られるだろう

ヾ(;□;)э

僕個人としては、大学院受験と就職活動の両面で活動していく予定 pencilbuilding

仮に大学院に進学して、研究者の道に入ったとしても、就職活動で広く社会を見ることができれば、人生にプラスになると思う。思わぬ出会いがあったりして、価値観が変わるかもしれない。

素粒子から社会へ。ノーベル賞からクリエイターへ。

今後のキャッチフレーズgood

| | コメント (3) | トラックバック (0)

茂木健一郎

今日、茂木健一郎が授業のために来校。

テレビのイメージで茂木氏を見てはいけない。彼は一流の研究者であり、一流のクレーマーでもある。

日本語版Wikipediaの批判を痛烈にしていたが、それには激しく納得。何か惑星に関する物理量を調べていて、真の値とまったく違う値を信じさせられた記憶があり、信用ならないと用心したものだpout

科学に恋愛はマッチすることがわかったheart04茂木氏も自分とほぼ同じ体験をしていて、急に親近感が湧いた。

ネットがあれば、文献を探す必要がない。茂木予想では、ネットによる勉強だけで将来ノーベル賞を受賞する人も出てくるだろう、とのことだ。

茂木氏曰く、大学に通う意味…それは人と会うことsign01

今の僕は、一日中研究室に籠り、研究室外の人と交流を持つことがない。

はっsign02これでいいのか━━Σ(゚д゚;)━━!!

| | トラックバック (0)

暑いsign01shock

ここのところ、破壊的な暑さだbomb

W君は昨日、この炎天下を真昼間からbicycleこいで研究室にやってきた。兵だ。彼曰く、死にそうだったそうですが。

お茶会で先生が、ショーツで来る!と大胆発言。以前別の先生から白い目で見られた経験があるらしく、これまでは躊躇していたらしい。

結論としては、大学に来るまではショーツで、大学にいる間はズボンでいるとのこと。

W君と先生は寝るときにクーラーをかけるそうだが、僕は扇風機でひたすら我慢。最近、締め切った状況でも風力をMAXにすれば、暑さに耐えられることを発見。

まだまだ粘りますrun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の学校@木島平

久しぶりに院生全員が顔をそろえた。

W君は夏の学校に行っていたので、土産とともに話を聞かせてもらう。

毎晩、飲んでいたそうだ(笑)。

最近の夏の学校は、規模が非常に大きくなって、ホテル一つを貸切状態にしてしまうそうだ。

その人数、200人。すごいね~。学校の一学年に相当するよ。

人数が多くなって盛り上がるのはいいが、大人数だと当然、トラブルも起こる。

去年はセクハラがあって、ちょっとした事件になったらしい。そのために、今年は、セクハラ防止の委員会やら何やらできたそうだ。

この業界含め、理系は女性がほとんどいないからね~、気持ちは分からんではないが、セクハラはまずいだろう。

先生曰く、

「おいおいおいおい、大丈夫か~。昔はそんなんじゃなかったぞ。質が下がったもんだな~」

長野県の話になって、O氏と先生が野沢温泉の駅と位置について白熱した議論を展開。

その後、GoogleMapで先生の勘違いが発覚(笑)。

しかし、GoogleMapってすごいもんだ。航空写真で家まで見れちゃうとは。

先生は自分の家が見えるといっていたので、早速試してみるが…

解像度の限界で見れず!

う~ん、くやしいような、ほっとするような変な気分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

スポーツ | 日常 | 日記・コラム | 書籍・雑誌 | 科学 | 素粒子 | 趣味