« 今朝 | トップページ | 横浜開港150周年 »

Make your choice.

人生の選択。

誰でも、否が応でもその時はやってくる。就活とはまさに選択なのだと、改めて気づく毎日。

選択1

やりたい仕事とは無関係に、どんな業種でもいいから安定を求め、大手の会社に勤める。

給料、福利厚生、勤務条件などは上々。

暫し羨望の目で周りから見られることも多い。合コンでは、一目置かれる存在になれる。

会社の名前を前につけて、「~マンと合コンよ!」などとヒーロー扱いされることも。

転職を視野に入れる場合も、topからbottomは比較的容易。独り立ちもしやすい。大手の人脈、伝統が後押ししてくれるからだろう。

もちろん就職戦線では、激戦必死の戦場だが。

選択2

新興の中小企業に勤める。伸びしろ、自分の貢献度を優先。中小企業では人材が不足している分、活躍できる場が多い。

広告会社を例にとると、企画営業、制作、納品、アフターケアーなど、大手が部門を分ける部署を複数担当できる。環境は苛酷だが、一年目から会社の心臓部になることも可能。

実力をつければ、どんどん稼ぐこともdollar

しかし、スタートラインは大手に劣る。意志の強さは必要不可欠。

選択3

大学に残る。僕の場合はドクターコース。理系はドクターへ進んでも、一般企業の研究職の道はまだ開かれている。給与も比較的よろしい。

同じ階の研究室で、就職活動をしている先輩がいる。ドクターから入学したのだが、まだ就職先が見つからないそうだ。

年齢のハンデもある。大卒社会人に比べ、世に出るのが5年遅れてしまう。

就職は狭き門だが、研究に専念できるようになれば、自分のやりたいことを百パーセントすることが可能。そこが、最大の魅力だ。

学費はかかる。奨学金などで賄うより他はない。合コンでは、無視されてしまうかも。

シミュレーション:

友人 「俺は~(大手)で営業してるよ」

女の子一同 「すっご~い!」

女の子 「(僕に対して)仕事、何されてるんですか?」

僕 「まだ学生なんだ。○○の研究をしているよ」

女の子 「え?まだ、学生さん?」

一同 「…」

高校生の頃、国語の先生が

「今の君たちには無限の可能性がある。うらやましいよ。君たちに比べたら、僕の夢なんてちっぽけなものさ」

と話していた。当時はピンとこなかったが、可能性があることは本当に素晴しいことだと思う。

それはつまり、若さなのだろうrunshine

人生は選択だ。誰にでも、等しくその瞬間は訪れる。

あなたはどうする?

Make your choice.

|

« 今朝 | トップページ | 横浜開港150周年 »

コメント

まあ、どの道も1長、1短あるね~

1,2はまだわかるけど3に進むなら覚悟がいると思うよ。
Quarksの専門は詳しくわからないけど、博士から一般企業となるとより専門分野とのマッチングが大きくなるだろうし。
修士みたいにポテンシャルで採用されることも難しくなる。

一方でやっぱり研究者ならドクター出て当たり前かなとも思う。
企業に出てからでもなるのもありかなと。


言うように世間的にあまり理解される立場ではないし、
「まだ学生やっているんですか!?」
なんて当たり前だし。
自分を強く持つ必要があるだろうな~と、研究室のドクターの人を見てて思う。


収録いってきたのかな?また話聞かせてくれい☆

投稿: 米太郎 | 2009年5月31日 (日) 03時32分

いずれにしても、ネガティブな選択はしたくないよね。

収録は…


院生は参加不可でしたweep

投稿: Quarks | 2009年6月 5日 (金) 20時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/397226/29822499

この記事へのトラックバック一覧です: Make your choice.:

« 今朝 | トップページ | 横浜開港150周年 »