« 8月 | トップページ | LHC稼動! »

超対称変換

Wess Baggerがようやく波に乗り出した

ラグランジアンの構成には、なんらかの制限を課す必要があるが、supersymmetryの場合は通常に比べてかなり複雑になる。

まず、超対称変換で作用が不変かどうか確かめなければならない。補助場とか入ると、計算量は倍になる。

ねちねちした計算で、もううんざり

ワインバーグサラムなら、SU(2)×U(1)のゲージ変換だけを考えればいいから、この手の計算は楽だ。もっとも、ハイパーチャージで複雑になることは、なる。

R不変とか、誰が考えたんだろう

|

« 8月 | トップページ | LHC稼動! »

素粒子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超対称変換:

« 8月 | トップページ | LHC稼動! »