« 近況報告 | トップページ | 昔の思い出話 »

GS-action

今日は一日中GS-actionと格闘していた。GS-actionはsuperspaceでフェルミオン項をすべて表現するため、見通しがよい。

作用の変更としては、南部後藤の弦にsuperspaceをいれれば、それでよい。κ対称性を加える分だけ計算が大変にはなる

κ対称性は強力だ。一気に自由度を1/2落としてしまう

作用から運動方程式を導くのは一苦労で、束縛条件の使い方に難があったため、時間がかかってしまった。

GS-actionはあまり有名ではないのかもしれない。ポルチンスキーの教科書では省略されているし、弦場の理論で大御所であるI先生に聞いてみたところ、

「よく知らん」

と一蹴された。

今日はこれからF君の送別会兼先生の還暦祝い

|

« 近況報告 | トップページ | 昔の思い出話 »

素粒子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GS-action:

« 近況報告 | トップページ | 昔の思い出話 »