« 今日の授業 | トップページ | 風邪 »

夢見る科学

今日は久しぶりに夢を見た。

夢については様々な説が飛び交っており、人によってその感じ方が全然違う。

・・・

僕は熱帯の国に旅行に出かけていた。非常に楽しい旅行だった。(何が楽しかったかといわれると、覚えていない…)

一度目が覚めて、もう一度寝た。

また熱帯の国に旅行に行くことなった。

今度はなにやらコースが用意されており、3万、6万、12万円の3つのコースがあった(たしか)。自分は6万円のコースにしたのだが、なぜか当日の集合時に12万円のコースについていってしまった。

そのコースにはアジア系美女が付き添いで部屋にまでついてきた。フカフカのベットが視界の脇に映る。倒れこもうとした瞬間

・・・

目が覚めた。

あ~ぁ。

美女が夢に出てくるとき、いつも肝心なところの一歩手前で目が覚める。

何故だろう…

この経験で一つの発見をした。それは夢の中でも思考は働くということだ。僕は夢の中でどのコースにするかで非常に悩んでいた。それも普段と変わらないほどの“精度”で。

夢の中で壁をすり抜けたり、光速で移動できたりする人がいるらしい。

どうやら夢には未知なることがまだまだ山積しているようだ。

夢の中で何ができるか、夢の科学を試みてみたい。

----------

さてさてここからは今日の科学。今日は霧箱についてです。

霧箱とは素粒子を検出する検出器の一つです。箱にアルコールを入れてドライアイスなんかで冷やします。するとその蒸気が箱中に充満します。

そこを素粒子が通ると飛行機雲ができるみたいに軌跡が残るのです。

電磁場をかけておけば帯電した粒子は軌道が曲がり、変化するので、その軌跡の変化から粒子の区別ができます。これが霧箱の原理です。

昔は(今もかな?)気球にこれを乗せて大気の薄いところで実験をしたそうです。

気球よ、僕らの夢を空高く運んでおくれ!

どこまでも、どこまでも…

|

« 今日の授業 | トップページ | 風邪 »

科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢見る科学:

« 今日の授業 | トップページ | 風邪 »